ブリッジの誕生。 ブリッジになる前のおはなし 4月度編

こんにちは、ブリッジ矢口です!

最近熱くなってきて早速冬が恋しくなっています。冬は冬で夏が恋しいんですけどね、現金ですね。

さて皆さん、今回からブリッジがなぜ誕生したのか?その経緯を書いていこうと思います。

たぶん、ここだけでも長くなってしまうだろうし、当時を振り返って書いていくので、拙い文章で読みづらいかもしれません。

でもここを省いてしまうと、ブリッジの意味合いとか、なんで多様性から生まれたって言ってるのか、そしてイベント21だからこそ生まれた役職だってことが、伝わらなくなってしまうと思うので、素直に書いていきます。

2018年度、私はイベント21に就職して3年目にして、東京支店のサブセクションチーフに就任しました。

東京支店にはもう一人サブセクションチーフ(サブセク)のNさんがいて、同期なんですけど。2人体制のサブセクとして頑張っていかなきゃ、と思い、2018年度を迎えました。

初めての役職。今思い返せばまだまだ未熟だったなあと懐かしさすら覚えます。1年前なんですけどね。

とにもかくにも、サブセクとしてスタートした2018年度。その毎日は、自分の不甲斐なさを痛感し続けるものでした。

2018年4月度の東京支店。みんな若いね。

ここから書いていくことは、素直な当時の感覚なので、読んでいてしんどいなと思った人はごめんなさい。先に謝っておきます。決してネガティブに書いてるのではなくて、自分の状況を隠す必要もないとはっきり思えているからこそ書かせてもらっています。

異変が起きたのは、4月度に入ってからでした。

サブセクとして出来ていないことばかりで、でも役職者として毅然とした態度でいなきゃって強く思ってました。役職者なんだからって思い込みが激しかったのかもしれません。

だから、自分から意見を言うことや、周りにどんどん突っ込んでいくこととか、数字もそうだし、そのほか今まで苦手意識を持っていたこともちゃんとできるようにならなきゃって毎日思って、

でもそれがうまくいかなくて、結局上司の皆さんに指摘されてから気づくことばかりで、情けないなって思っていました。たぶん必要以上に。

そんな日が続いてくなかで、なんだか胃やお腹が痛い日が多いなあとか、耳鳴りが頻繁になるなあとか。

座ってても立ってても、急にめまいに襲われることが増えました。あとは片頭痛。

そんな感じで慢性的に体調不良になる日が増えました。耳鳴りとめまいは酷かったかな。

でもちょっと疲れがたまってる程度だと自分では思っていました。寝れば治るって。

自分では。

ただ、当時先輩から言われたのは、朝階段を上がってくるときに胃を押さえながら上がってくること多いとか、顔色が悪いとか・・・さんざんですね笑

でも、この体の不調が、私にとって試練のはじまりだったんです。

その2に続く…。

余談ですが、このブログを書くにあたって昔の写真を見返していたのですが、当時の東京支店はこんな様子だったな~って写真がたくさんあったのでご紹介します。楽しい支店なのは事実なので(笑)

2018年度新卒のU君とTさん。まだ初々しい。
サブセクのNさん。みんなのお姉さんって感じ。
4月度の支店会議。いまではすっかりみんなから頼られてる2代目CCのMさんと初代CCのIさん!

あ、こんなかんじで色々写真を紹介していこう。

実は社内のイベントで自分が写真を撮る機会がすごく多くて、個人的にも写真を撮るのがすごく好きなので

色々ここで紹介していこうと思います。今決めました。

なのでもしこれを読んでるイベント21社員がいたら覚悟しててくださいね☆